アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「模型 自衛隊」のブログ記事

みんなの「模型 自衛隊」ブログ


陸上自衛隊90式戦車作成4(#287)

2017/03/27 16:03
前回記事では「やりたいことが時間惜しまず出来るようになった」
みたいな事ほざいていたのですが・・・。
今日になったら全身痛くてダルくて気力湧かない・・・理由は降雪です。
今日みたいな大型の低気圧が来るともうダメ(泣)

相互リンクして頂いているハンスさん腹ペコ山男さんより「ブログupの写真をもう少し大きく!」とアドバイス頂きました。
只でさえアラだらけなのに、写真拡大してより恥さらしてどうすんの?
って思いながら、前回記事より約3倍(当社比)upしました。

車長と砲手。
一体成型になっていたマイクとコードを削り、真鍮線で作り直し。
ジオラマ化したいので、少しポーズ変更しています。
車両搭乗員も最近はウォーペイントしている様なので、アクリルで吹きました。
迷彩服はラッカーで塗装しています。
迷彩が独連邦軍っぽくなってしまった・・。
肉眼では気にならないのですが、目も少し手直しいるかな。
画像


車両汚しに入ります。
土汚れ表現は、パステルを粉末にしてアクリル溶剤で溶いて塗り付け。
湿った部分と乾燥している箇所を色分けして塗りつけています。
画像


車体前後下部と側面を中心に汚して行きます。
塗り付けたパステルが乾燥した後に、歯ブラシで叩いて粉っぽく表現してみました。
画像


ちょっとやり過ぎたか・・・(汗)
汚し表現は、ついつい調子に乗ってしまい勝ちなので要注意です。

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8


桜と陸上自衛隊90式戦車作成4(#286)

2017/03/23 17:15
ソメイヨシノではないと思いますけど、桜、咲きました♪
春が近づくと、交通事故による後遺症からの身体の痛みも薄れて来るから気持ちも明るくなります^^
画像


陸自90式戦車作成は佳境を迎えつつあるかな(?)
フィルターを終えて「汚し」に入ります。
師匠の一人であるハンスさんに教えて頂いた水スプレー技法でホコリ汚れを再現。
画像


乾燥待っている間の作業。
履帯はラッカーで下地塗った後で、パステルを粉末にして塗り付け。
画像


ジオラマ化したいので搭乗員フィギアを少々改造です。
画像


次は車両組上げとジオラマ構想かな・・・。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


陸上自衛隊90式戦車作成3(#285)

2017/03/07 18:05
今冬は寒暖の差が激しいですね。
事故の後遺症から来る身体の痛みは天気に左右される部分が大きく、特に気圧が下がる時は酷く痛みます。
今年の様な目まぐるしく変わる天候は身体をガタガタにします・・。
年明けから休まず頑張って出勤していたのですが、痛みに耐えきれずダウンしてしまいました。
はぁ〜何時になったら痛みを感じない暮らしが出来るのだろう・・。

陸自90式戦車はフィルターまで進みました。
基本塗装完了。
クレオス陸自特色セットを明るめに調色して吹いています。
パネルに薄くバフを吹いて色調に変化掛けています。
画像


少しだけ塗装剥離の表現をした後、エナメル黒と、油彩アンバーを混ぜてウォッシング。
かなり汚く見えて、この後どうなるのか不安・・。
画像


油彩黄色・青・白でフィルターを掛け褪色表現を。
まぁ納得行く仕上がりかな・・。
画像


次は履帯仕上げと、車体汚しです。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


陸上自衛隊90式戦車作成2(#284)

2017/02/13 14:12
90式戦車の迷彩について、以前から疑問が有りました。
ネットに出ている車輌見ると、茶色帯にボケがあるのと、ボケ無しの迷彩されているのと有るんです。
納品された年式によるのかな〜なんて思っていました。
昨日実家へ遊びに行ったついでに父に質問すると…。
『迷彩は武器隊で塗っていたと思うな〜。スプレーや刷毛塗りなど、部隊によって違っていたと思うよ』
マニアックな事聞いて来るな〜と、驚きながらの自信無さそうな回答でした。


疑問も解けた所で、迷彩塗装始めます。
水性色鉛筆でアタリを付けフリーハンドで塗装開始。
クレオス陸自特色セットの陸自茶色にツヤ消し白を混ぜて明るめにしています。
画像


画像


画像


パネルラインの影吹きを残しながら…と思っていたのに消してしまった(涙)


造型村フォッケウルフはかなり残念な美人です。
主翼を取り付けたのですが、大きなスキマが埋まりません。
パテ代わりに流し込み接着剤で余りランナーを溶かして隙間を埋めます。
画像


イライラする作業もあるのですが、キットへのメーカーの意欲は感じられます。
修正も楽しみながら作るよ!

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


陸上自衛隊90式戦車作成(#283)

2017/02/05 20:29
「う〜〜ん、欲しいな〜でもな〜〜」
眺めていたのは、『造形村・F4ファントム』です。久し振りに訪れた秋葉原ボークスの売り場で30分位立ち尽くしていたか・・。
50歳近いオッサンが、たかが1万円弱の品物見て30分も真剣に悩むのも恥ずかしいトコあるけど(苦笑)
結局、F4幽霊大好きな私としては断腸の想いだったけど、パス!

理由はこれです。同じ造形村から出ている、旧独空軍フォッケウルフTa152H-1(1/32)。
3年位前に着手したものの、パーツのダルさと合いの悪さに呆れ果てて放置していました。
メーカーの製品開発への思い入れは半端なく感じられて、企画は素晴らしいんだけどなぁ・・。

組立図からして素晴らしい。まるで「本」です。
画像


画像


コクピットの出来も素晴らしい。
画像


でも・・ここからがなんだかな〜どうしても合わない・・・。
画像


これを成仏させてからF4幽霊手に入れるのだ♪

タイトルが90式なのに、スタートがフォッケウルフになってしまいました。
基本塗装の続きです。
前回塗り残したパネルライン部分に、ベースよりも明るくした基本色を軽く色掛け。
下地を残して吹いて行くようにします。
画像


砲塔部分はより明るい色を吹いて行きます。
画像


次回は迷彩塗装の始まり・・かな??
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6


陸上自衛隊90式戦車作成(#282)

2017/01/22 00:21
皆様、本年も私の拙いブログをどうぞ宜しくお願い致します。

実父は現役時代、陸上自衛官でした。
先日、実家で亡母の遺品整理をしていたら、父の自衛官時代の写真が大量に出て来ました。
一番多かったのが90式戦車と父とのツーショットでした。
戦車をプールに沈めている所等、性能検査中の風景も結構ある。

・・・父は90式戦車の開発責任者の一人だったそうです。
冷戦当時、日本を上陸攻撃出来る能力を持っていたのは、米国を除けばソ連だけでした。
当時の日米研究では、北海道に上陸して来るソ連軍は、迎え撃つ自衛隊及び米軍の4〜5倍位になると考えられていたそうです。
そこで次世代戦車として計画したのは、ソ連戦車を一撃で撃破出来る強力な火力。人員不足と速射性能を求め考慮した自動装填装置。そして現在も他国は開発採用出来ていない、走行しながら攻撃出来るスラローム射撃能力です(停車して照準発砲が世界標準)。
これらの思想は戦車1両で、何台も敵車両を撃破する能力を求めた結果だったそうです。

協力メーカーから「こんなのムリ」とか、「北海道にしか置けない」「日本に、こんな強力な戦車は不要」等の内外からの批判を撥ね退けて開発計画を推し進めるのに大変な苦労をしたそうです。
生産初号を米国へ持ち込んで実弾射撃テストを行った時の事・・。
標的の廃棄戦車へ全弾命中させながらスラローム射撃する90式を見て、米軍関係者が茫然とし、そして、技術供与を懸命に求めて来たそうです(勿論、現在も非公表)。
「オレの勤め人としての存在意義は90式だ」と父は語っていました。

父に敬意を表しながら作るヨ!!
エッチングパーツと真鍮線等を多様してデッチアップ。
それと、ライトガードやスカート等をナイフで薄く削っています。
画像


1000番サフ吹きました。
画像


何時もの様に、パネルラインにつや消し黒を吹き、下地の段階で明暗を付けます。
航空自衛隊機や大戦機の塗装法をそのまま転用しています。
画像


基本色塗装に入ります。
クレオス陸自濃緑色につや消し白を混ぜて、黒塗装部分を残す様にしてスプレー。
画像


「パパ何やってんの??」
久しぶりに塗装しているのを、ぼ〜っと眺めている『さくら』
画像


「ま〜た、くだらない事やってるよ。すぐ飽きて放置化するクセに・・」 
by『そうすけ』
画像


ちゃんと完成させるのだ!!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8


今年を振り返って・・(#281)

2016/12/26 17:53
早いもので、もう今年1年が終わろうとしています。
たぶん、本年最後のブログ更新と思いますので、1年間を振り返ってみようかな・・。

仕事上では新規部門立上げスタッフとなり業務多忙、プライベートでは母の急死と、非常に慌しく厳しい1年間となりました。
来年こそは穏やかに過ごしたいものです。

約2年振りにブログ再開したのですが、その間に温めていたお手付き&放置キットを反省を込めて晒します。


本年唯一完成させた零戦52型。
現在、ジオラマベースを作成中です。
画像


AAV7は陸自に導入されたのを知って仮想迷彩で作成中でした。
正式導入車両が米海兵隊迷彩のままであるのを見て挫折放置中(涙)
画像


腹ペコ山男さんから頂いたピヴァー。
住友たかひろさん主催の人気コンペ「スミコン」に参加しようかな〜なんて思い、弄っていたのですが、レギュレーションが「陸モノに限る」と厳しくなっていて頓挫。
2011年コンペSUMICON2011には私も参加させて頂き、世間に恥を晒しました(←赤字をクリックするとSUMICONに飛びます)。
画像


陸自90式戦車。実父が陸自現役隊員だった頃、この戦車の開発担当だったと先日聞いてビックリ。
画像


大好きな空時F4。どんどん退役が進み寂しい限り。
平成4年戦競参加の301飛行隊機塗装にチャレンジしようかと・・。
画像



空自T4ブルイン。キャノピー研磨に失敗して放置。
先日航空祭での雄姿を見て再開しました。チビチビとマスキング中。
画像


もう何回目だかも判らない位にフィギア再塗装している山ガール妄想ジオラマ。
気を取り直して再開中・・。
画像


これら、お手付き品を完成させるのが来年のテーマかな?
皆さま、良いお年をお迎えください。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12


トップへ | みんなの「模型 自衛隊」ブログ

コウのなんくるないさ〜!! 模型 自衛隊のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる