アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


陸上自衛隊90式戦車作成2(#284)

2017/02/13 14:12
90式戦車の迷彩について、以前から疑問が有りました。
ネットに出ている車輌見ると、茶色帯にボケがあるのと、ボケ無しの迷彩されているのと有るんです。
納品された年式によるのかな〜なんて思っていました。
昨日実家へ遊びに行ったついでに父に質問すると…。
『迷彩は武器隊で塗っていたと思うな〜。スプレーや刷毛塗りなど、部隊によって違っていたと思うよ』
マニアックな事聞いて来るな〜と、驚きながらの自信無さそうな回答でした。


疑問も解けた所で、迷彩塗装始めます。
水性色鉛筆でアタリを付けフリーハンドで塗装開始。
クレオス陸自特色セットの陸自茶色にツヤ消し白を混ぜて明るめにしています。
画像


画像


画像


パネルラインの影吹きを残しながら…と思っていたのに消してしまった(涙)


造型村フォッケウルフはかなり残念な美人です。
主翼を取り付けたのですが、大きなスキマが埋まりません。
パテ代わりに流し込み接着剤で余りランナーを溶かして隙間を埋めます。
画像


イライラする作業もあるのですが、キットへのメーカーの意欲は感じられます。
修正も楽しみながら作るよ!

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


陸上自衛隊90式戦車作成(#283)

2017/02/05 20:29
「う〜〜ん、欲しいな〜でもな〜〜」
眺めていたのは、『造形村・F4ファントム』です。久し振りに訪れた秋葉原ボークスの売り場で30分位立ち尽くしていたか・・。
50歳近いオッサンが、たかが1万円弱の品物見て30分も真剣に悩むのも恥ずかしいトコあるけど(苦笑)
結局、F4幽霊大好きな私としては断腸の想いだったけど、パス!

理由はこれです。同じ造形村から出ている、旧独空軍フォッケウルフTa152H-1(1/32)。
3年位前に着手したものの、パーツのダルさと合いの悪さに呆れ果てて放置していました。
メーカーの製品開発への思い入れは半端なく感じられて、企画は素晴らしいんだけどなぁ・・。

組立図からして素晴らしい。まるで「本」です。
画像


画像


コクピットの出来も素晴らしい。
画像


でも・・ここからがなんだかな〜どうしても合わない・・・。
画像


これを成仏させてからF4幽霊手に入れるのだ♪

タイトルが90式なのに、スタートがフォッケウルフになってしまいました。
基本塗装の続きです。
前回塗り残したパネルライン部分に、ベースよりも明るくした基本色を軽く色掛け。
下地を残して吹いて行くようにします。
画像


砲塔部分はより明るい色を吹いて行きます。
画像


次回は迷彩塗装の始まり・・かな??
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6


<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

コウのなんくるないさ〜!! 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる